実戦で使われるテクニック!信用取引の活用方法3選

利益の確度が高い場合の買い増し・売り増し

信用取引を行うと利益を出すチャンスが増しますが、実際にどのように運用すれば良いのか初心者には不透明です。ここでは、簡単に実戦で使用される信用取引のテクニックを知り、実際にどのように運用されているのかを把握してみましょう。まず一般的なのが、「利益が出る」と確信できたタイミングで買い増しや売り増しする際に建玉を信用取引で賄うという手法です。信用取引には金利や手数料などのコストがかかるため、軽々に運用することができないため、より利益が出るという確信が持てる時だけ利用するというトレーダーが大半です。

両建てで損失を軽減させる

株の銘柄のうち同じような動きを見せる二つの銘柄について、片方を現物で購入してもう片方を数を減らして信用取引で売るといった両立てという手法でも、信用取引は利用されることがあります。もし予想と反して現物取引の方で損失が出ても、売ってあった信用取引の方の利益でその損失を減衰させるという考え方で取られる手法です。利益を出すというよりも、損失を減らすといった観点からの利用ですが、株取引ではリスクコントロールが重要になってくるので、その一環として信用取引が使われるのです。

信用取引の動きを見て儲ける

概して株式相場では、信用取引が行われるタイミングというのは一致しています。また、大きく場が動いて取引数が伸びた時なども信用取引の建玉が増えます。そして、この時の建玉の中には返済期限ぎりぎりまで保有されるものがあるため、返済期限の際にその返済の動きと逆方向の売買をすれば儲けることができます。どの日が大商いだったのか、信用取引の建玉はどうだったのかという動きを見ておくだけで良いので、本来は信用取引に必要だった精緻な相場分析も必要ありません。

信用取引の口座を開設すると、預け入れている金額の約3倍の金額を使って株式の取引ができるようになります。