社会人でも通いやすい!費用が助かる通信制の大学

通信制大学は費用面でメリットがあります

今は学び方も多様化してきて、普通に高校を卒業してそのまま大学に入る、という人ばかりではありません。いったん高校を卒業してから就職し、落ち着いた頃に大学に通う人もいますし、大学を卒業してから就職し、また別の知識を得るために大学に入学し直す人もいます。ただ、そうなるとお金がかかってしまうのでなかなか踏ん切りがつかない人もいるようです。大学に通って勉強したいけど費用は抑えたい、という場合、通信制の大学は費用が安く済みます。

通学する半分で済む場合も

普通に通学制の大学に通う場合、私立の4年生だと平均で一年あたり120万ほどかかるのですが、通信制だと高くてもその半分程度で済みます。一年で20万ほどで済むようなもっと安いところもあるので、自分のかけられる予算に応じて選べます。安い大学を選んで、あとは書籍代などに充ててもいいですし、お目当ての講師がいるなら高くてもその大学を選び、思いきり勉強するという選択肢もあります。いずれにしても、遊興費を削れば捻出できる金額です。

スクーリング代は別途考えよう

ただ、通信制でもスクーリングがある大学もあります。大学によって登校する日が決まっていることもあるので、この費用は別に用意しておきましょう。たとえば北海道の人が東京の大学までスクーリングを受けにいくのではかなりお金がかかるので、事前に確認しておきましょう。もちろん、スクーリングが強制でないところもたくさんありますし、学校気分を味わいたいならあまり交通費がかからない圏内の大学を選んで積極的にスクーリングを利用するのもいいでしょう。

通信制大学とは、インターネット、テレビ、ラジオなどを通じて授業を受けることのできる学校です。自分の好きな時間にできるため、社会人でも気軽に入学することができます。