意外と身近!?私たちの周りにある、使える心理学

CMや広告にも心理学?

テレビを見ていれば頻繁に見かけるCMや、ポストに入ってくるチラシ、ネット上での広告、普段私たちがよく目にするこれらのものに心理学が生かされていることは知っていますか?CMや広告を見て、「この商品買ってみたい」「これ興味があるな」そう思うことも多いのではないでしょうか?実はそれらのCMや広告には見ている人を引き込むための工夫が多くあるのです。例えば食品がおいしく見えるような背景の色や、引き込まれやすい字体、大きさ、配置など、見ている人の心を動かして消費につなげられるよう、心理学は駆使されているのです。

恋愛にも使える心理学

恋愛とは難しいものですよね。男と女は根本的に違う生き物であるため、お互いのことを理解しあうのはとても難しいことです。気になる人に出会って、仲良くなってアプローチ…。どれだけ恋愛経験が豊富な人でも気になる人と両想いになれるかどうかはわかりません。そんなとき、心理学を使って相手を振り向かせることができるかもしれません!たとえば相手のさりげないしぐさから考えていることを読み取ることや、相手をより夢中にさせるデートの仕方など、恋愛に役立てられることがたくさんあるのです。

子育てにも使える心理学

赤ちゃんや子供の成長は著しいものですよね。発達段階によっての特徴を知っていれば子育ても一段と楽しくなるはずです。赤ちゃんの周りの大人への反応や周りのものに対する行動、同世代の友達との接し方など、心理学を学べば面白い発見も多くあることでしょう。そしてより子供との関係をよくし、感情豊かな子供を育てることもできるのです。子育てをする予定の方や子育て中の方は是非、赤ちゃんや子供の発達段階について学んでみましょう!

心理学の大学で心理学について詳しく学んでも相手の考えていることを読み取ることが出来るようにはなりません。