ファイナンシャルプランナ―の収入源とは?3つのサービス

ファイナンシャルプランナーと相談業務

ファイナンシャルプランナーはお金の専門家と言われていますが、その業務には主に3つタイプがあります。一つが相談業務です。これがFP業務の中心ともいえるもので、顧客の人生に関する相談に乗り、お金に関する一生涯の計画を作っていくお手伝いをすることが主な内容です。もちろん、相談の中で必要に応じ専門的な知識を分かり易く説明したり、提案書と呼ばれる計画書を作成したりしますが、あくまで相談業務の中心は顧客の利益最優先で行うべきものであることはいうまでもありません。

ファイナンシャルプランナーと執筆業務

ファイナンシャルプランナーの業務タイプの二つ目は執筆業務です。雑誌や新聞に文章を寄稿したり、FPに関係するテキストや問題集の作成を行ったり、場合によっては、マネー関係の書籍の執筆を行ったりする業務です。これがFP業務の中心というわけではありませんが、執筆業務をすることで知識を整理できますし、書籍が発売されれば、話題作りにもなり、相談業務へのいい影響が期待できるかもしれません。顧客に分かり易く説明することと執筆で分かり易い文章を書くことは似ていますので、そういった意味でもやる価値がある業務でしょう。

ファイナンシャルプランナーと講師業務

ファイナンシャルプランナーの業務には講師業務もあります。講師業務にもいろいろありますが、一般顧客向けにマネーセミナーを行ったりするのが一般的でしょう。そのセミナーの参加者が将来の相談業務の見込み客になっていくという流れを作るために講師をやっているFPも多いでしょう。また、本格的に講師業務に力を入れているFPもいます。努力をすれば、金融機関や上場事業会社等でセミナーをしたり、資格試験対策講座を資格学校で受け持ったりすることも可能かもしれません。

cfpの資格を取得するには試験に合格するだけでなく実務経験も必要とされるので、細かい条件は確認しておくと良いでしょう。