離婚になりそう…!?弁護士って必要なの?

離婚は弁護士なしでもできる?

離婚することになってしまった場合、夫婦の共有財産の分け方、子供の親権をどちらが取得するか、養育費をどうするかなど、様々な複雑な問題を処理する必要があります。そういったことは、時間も体力もかなりのものを必要とするので、相手方との争いが多ければ多いほど、弁護士に依頼するメリットがあります。ただし、当然ながら、依頼に必要なお金も、着手金で20万~50万円程、報酬としてさらに同額程度かかります。どういった問題があるかを整理して、面倒そうな問題があったら、弁護士に相談してみるべきかもしれません。

離婚に向けての弁護士の仕事って?

離婚に向けて弁護士に依頼した場合、基本的には全ての手続きを代わりにやってくれます。たとえば、相手方との話し合い・交渉は、最も基本的かつ重要な仕事です。この話し合い・交渉は、争っている本人同士でやるのは相当のストレスがかかります。これをかわってやってくれるのは、ものすごいメリットになります。さらに、交渉がまとまった場合の書面作成や、まとまらなかった場合の家庭裁判所で行う調停手続で必要な書面の作成も当然代行してくれますが、これは素人にはかなり難しい作業といえます。

どういう弁護士を選べばいいの?

離婚に向けて弁護士に依頼をするのであれば、当然、離婚問題に精通した弁護士を選ぶべきです。では、離婚問題に強い弁護士はどのように探せばよいのでしょうか。まず、当然ながら、離婚問題に関する法律知識をしっかりと持ち合わせていることが必須です。財産分与、慰謝料、親権や養育費などについて、相談の際に聞いてみて、よどみなく答えることが出来るか確認しても良いかもしれません。さらに、離婚事件の経験数が多いことも重要な要素です。離婚は法律知識以外にも、相手方との交渉など、経験がものを言う分野でもあるからです。

mikataは、弁護士費用保険です。保険契約後に渡される被保険者証を提示して無知に付け込ませない、損害を未然に防止、保険契約しているので着手金のリスクが減る、気楽に相談できるという評判があります。